基礎知識を身に着ける|理想の二重整形をする時には口コミも必見【保証内容についても確認】

基礎知識を身に着ける

水着姿の女性

手術の種類と術後の注意点

二重瞼の整形手術を受けるにあたって、まず考えたいのがどの術式を選択するのかということ。大きく2種類の術式に分けることができ、個々で仕上がりや特徴が異なるため、希望に近いものを選び出さなければいけません。はじめに挙げられるのが埋没法。これは特殊な糸を用いて瞼を固定し二重のラインを作るというもの。メリットはメスを入れる必要がないために負担が少なくて済むことです。いわゆるプチ整形と呼ばれる術式であり、もう一方の手術と比較をすると負担も小さめです。また、もし仕上がりが気に入らない場合は、糸を取ることで元に戻せるのも魅力と言えるでしょう。従って極力リスクを小さく抑えたい人にも適している整形術です。ただ、稀に糸が取れてしまうケースもあります。口コミでも、術後に糸が取れて元に戻ってしまったという声があり、そうした可能性があることも踏まえておいた方が良いでしょう。続いて挙げるのが切開法で、こちらはメスを入れて二重のラインを作るのが大きな特徴です。埋没法と違って糸が取れて元に戻るといったことがありません。半永久的に状態が維持されますから、ラインが取れてしまう心配を持ちたくない人におすすめと言えるでしょう。しかし、元に戻せないことはデメリットにもなり得ますので、失敗のリスクを最小にするためにも、口コミを参考にするなりして信頼のできる医師を見付け出すことが大切です。術後に注意しなければいけないのが、一週間程度は目に負担の掛からない生活を心掛けることです。二重整形をした後はただでさえ瞼に負担が掛かっていますが、その上で例えば、パソコンやスマホなどを長時間行うと余計に負担が増します。腫れが引きにくくなったり、疲れ目になりやすかったりと負担増の恐れがありますので、しばらくの間は安静に過ごした方が良いでしょう。なお、極力アイメイクも控えるのが無難ですが、どうしても必要な場合は軽めのメイクに抑えるといった心掛けが必要と言えます。術後は熱を持った状態のために瞼を冷やすのも有効です。熱の放置は炎症の悪化原因になってしまうこともありますので、保冷剤や冷たいタオルを使うなどして熱が冷めやすくなるよう注意を払いましょう。また、運動や長時間の入浴などを行うと血行が良くなり、それもまた炎症の悪化を招くこともあります。したがってなるべくは大人しく過ごすのが、二重整形後のトラブルを回避するコツです。なお稀にですが、ちょっとした行動でラインが取れてしまったというケースもあります。例えば、つい目を擦ってしまったために糸が取れたという口コミも確認できます。また中には、眠っている時に無意識にこするなどして糸の緩みを起こしたという口コミもありますので、うっかりとした行動で糸が取れないよう気を配った方が良いでしょう。

Copyright© 2018 理想の二重整形をする時には口コミも必見【保証内容についても確認】 All Rights Reserved.